arrow2_down

暖かい光と優しい影で、心を潤すあかり。

ハンドワークならではの美しいフォルムのLE KLINT(レ・クリント)の「テーブルランプ」。クォリティ・オブ・ライフを追求する北欧デザインの代表作として、北欧のみならず世界中で今も愛され続けています。

お家の棚や出窓、サイドテーブルなどにあるだけで一気にセンスある空間を演出してくれる「テーブルランプ」。
目にとまる、お部屋の雰囲気を左右する重要なアイテムだからこそ、上質なモノを選びませんか?

今回ご紹介するのは、北欧から生まれたあかりの名品、レ・クリントの「テーブルランプ」。

ハンドワークならではの美しい光と影は、心を潤すあかりの芸術品。

長く厳しい冬を過ごす北欧の生活の中で生まれ磨かれ続けてきた、光と影の優しく繊細なコントラストを持つ照明の名作です。

始まりはプライベートな手づくりから

20世紀初め、デンマークの著名な建築家「P.V.イエンセン・クリント」がオイルランプのあかりを調節するため、日本の折り紙をヒントに紙を規則的に折り上げ、ハンドメイドでランプシェードを作ったのが始まり。

その後も、趣味の延長としてつくられたシェードは、美しいデザインだけでなく、機能的にも優れた名品として世に知られ、クリント家の美しいあかりを普及させるため、1943年に「レ・クリント社」が創立されました。

そして、60周年を迎えた2003年には、デンマーク王室御用達にも選定され、格式の高さがある一方で北欧の一般家庭でも愛用されています。

プラスティックペーパーを繊細に織り込んだ伝統的な直線プリーツのシェードにマウスブローによるガラスの本体を組み合わせ、エレガントで気品に満ちた雰囲気溢れる、クラシックシリーズの「テーブルランプ」。

ひとつひとつ手で折りあげてできるハンドワークならではの幾何学的な美しいフォルムと、落ち着きと安らぎを演出する柔らかな光が魅力です。

くつろぎのおともに

自分にとっての心地良い時間や空間などを意味する概念「Hygge(ヒュッゲ)」を大切にするデンマーク生まれの照明は、ソファやサイドテーブルなどの近くに置けば、その柔らかなあかりと共にゆるやかに時間が流れます。

規則的に続く折りが美しい陰影を生み出す「テーブルランプ」は、様々な表情をみせてくれるので、あかりを見ながらゆったりとした時間を過ごせますよ。

また、あかりをつけなくてもオブジェとしても十分美しく、飾るように置ける「テーブルランプ」は置き場所を選ばないので、直接照明と間接照明を併用して、食事の時間、くつろぎの時間などシーンに合わせて明るさを変えたいリビングのような多目的で使う空間にもおすすめです♪

おやすみの前は柔らかなあかりで


リラックス出来るようにまぶしさをおさえた、電球そのものが見えないデザインの「テーブルランプ」は寝室にもぴったり。

間接照明を置くことで明るさに強弱が生まれ、ホテルの部屋のようなリラックスしたおしゃれな空間をつくる近道にもなりますよ。

明るすぎない柔らかなあかりは、心地よい寝つきを導いてくれます♪

あかりを自分仕様にコントロール

「テーブルランプ」には調光可能なBluetooth対応の「Philips Hue電球」が付属。

携帯電話・タブレットで専用アプリをダウンロードすれば、気分や時間帯に合わせて自分仕様にあかりをコントロールすることができますよ。

熟練した職人たちによる製造を守り続ける一方で、使う人がより心地よく感じるあかりを「レ・クリント」は届けてくれます。

シンプルなON・OFFの切換スイッチはコードに。

洗練された雰囲気を壊すことのない、ホワイトのコードカラーも◎です♪

組み立て方法

.轡А璽匹肇好織鵐彬楝里鮹寧に取り出し、スタンド本体のソケットに付属している取付用リングを回して外す。
取り付け用リング→プラスチックリング→フレーム→プラスチックリング→ソケットの順番でフレームをソケットにつける。

▲愁吋奪半緝瑤鬚靴辰りと押さえながら、電球を取り付ける。

縮まった状態で梱包されているシェードを上面下面ともに手でよく広げ、シェードを痛めないように丁寧に十分に馴染ませます。

ぅ轡А璽匹両緻未鮗蠅里劼蕕任垢椶瓩襪茲Δ忙ち、内側の折り返し部分を灯具のフレームに引っ掛けるように固定します。
ゆっくりと手を離すとシェードの折り返し部分がフレームのリングに引っ掛かり固定されます。

※必ず電源を切ってから組み立てをしてください。

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回ご紹介したレ・クリントの「テーブルランプ」、おしゃれなお店やホテルなどで目にする機会も多く、ブランド名は知らないまでも「見たことある!」と思われた方は多いのではないでしょうか。

そんなセンスある空間を演出するレ・クリントの照明が、日本の折り紙をヒントに作られたということを今回初めて知り、日本のインテリアにもしっくりと馴染む感覚は、そんなところからきているのかなと納得!

レ・クリントの照明の魅力とともに、日本文化まで認められているような気もしてなんだか嬉しい気持ちになりました♪

皆様も、おしゃれなお店やホテルでしか味わえないと思っていたシックで気品あふれる雰囲気を、レ・クリントの「テーブルランプ」で演出して、ホテルライクな空間作りに挑戦してみませんか?

Log Out ログアウト