arrow2_down

細かな温度調節ができる「Re・De Kettle」で上手な“お湯使い”

上品な佇まいで食卓を素敵に彩る、電気ケトル「Re・De Kettle(リデケトル)」。8段階の温度調節、持ちやすさと湯切れのよさでお湯を使う調理を上手にアシストしてくれます。

コーヒーやお茶、赤ちゃん用ミルクまで手軽に早く、そして安全に沸かせる電気ケトルは1家に1台あると便利ですよね。
とはいえ、ご家族で温度の好みが違ったり、ドリンクによって温度調節できたらもっといいのに…と思う方もいるのでは。

今回ご紹介の電気ケトルは、50℃〜100℃まで温度調節が可能。苦みを抑える時は低温で、ハーブティーなど香りを十分に引き出す時は高温とこだわりの1杯を堪能できます。
カウンターやダイニングにも堂々と置ける上品な佇まいもGOODです。

手に馴染むやさしい曲線形

「リデケトル」は調理や食卓で使うのにちょうどいい、1リットルのお湯を一度に沸かすことができます。
細口ノズルで少量のお湯も注ぎやすく、湯量もコントロールできるのが◎。湯切りもいいのでストレスフリーの使い心地です。

特にこだわったのは、持ち手の形状。
非力な女性でも持ちやすい形を目指し、「持ちやすいデザイン」を追及するあまり発売日が延期されたのだとか!
 

8段階の温度調節、30分の保温機能付き

温度設定から保温まで、2つのボタンを押すだけのシンプル設計。
温度調整は、50・60・70・80・85・90・95・100℃の8段階が可能なんです。

また、朝食やティータイムにお湯の継ぎ足しに嬉しい、30分保温機能付きです。2杯目も席を立たずにそのまま美味しくいただけますね。

お洒落なティータイムに

琺瑯(ほうろう)を思わせる質感と上品なフォルムは、キッチンや食卓をセンスよくクラスアップさせてくれますね。

1日の始まりの朝食からお友達とのお茶会まで、テーブルを素敵に彩り、楽しいくつろぎの時間が過ごせそうです♪
 

カラーは、少し灰色がプラスされた明るすぎない白色でキッチンインテリアに馴染む「ホワイト」と、落ち着きと上質感がありシックなキッチンに合う「ブラック」の2色からお選びいただけます。

実はドリンク以外にも使える、温度調節機能

ドリンク以外にも実は野菜洗いにも実は最適なんです。
例えば、50℃。食材をみずみずしく、シャキッとさせるのでレタスなどの葉物に(20-30秒)。果物やブロッコリー(2-3分)、トマト(4分)などにも。

85℃は、手作りのインスタント味噌汁、味噌玉に注げば香りよく飲み頃の温度に仕上がります。一度に1L沸かせるからご家族全員分作れますね。

そして100℃は、お肉の調理に。時短しゃぶしゃぶなど、茹ですぎずしっとりとジューシーな仕上がりになり時短でヘルシーといいことづくめです。

他にもスープや赤ちゃん用ミルク作りにもおすすめです!
 

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回の「リデケトル」は細かな温度調節ができるのが最大ポイント。
玉露は50-60℃(苦みを抑えお茶の甘みや旨味を十分に引き出す)、ほうじ茶は95℃(高温のお湯で短時間で抽出することで程よい苦みと香り高さを楽しめる)、ハーブティーは95-100℃(香り成分を十分に引き出すため)とそれぞれに最適な温度があるのは、みなさんご存知かと思います。

が、その温度を作るのが難しくなかなか手動や感覚では無理がありますよね。特に毎日のことだと飲めればイイヤなんて雑な飲み方に…。
しかも、すぐ飲みたい時やそうではないけど側に置いておきたい時など飲むタイミングで温度調節をしたい時なんてのもあります。

「リデケトル」なら、スイッチひとつで細かな温度調節ができるので、一人用はもちろんご家族でドリンクの種類が変わっても大丈夫ですね。
お料理にも何かと便利なお湯も約5分ほどで沸かせるから忙しい時間にも便利。シンプルで琺瑯のような落ち着いた上品な佇まいもキッチンやダイニングに見せ置きしたくなります。こだわりの温度で熱いドリンクの旨味を最大限引き出してみてくださいね♪

Log Out ログアウト