アメリカンスタンダードなラップをラグジュアリーに使う

コストコで売られている話題のフードラップにスタイリッシュなキッチンに似合う、ステンレスケースの誕生です。

“日本製市販フードラップの半額のコスパ”として、また置いて使える便利さから話題のフードラップ「KIRKLAND カークランドシグネチャー ストレッチタイト フードラップ 231m」対応のラップケース。

両サイドには天然木のブナ材を、底には滑り止めを設け、ラップが引き出しやすく使いやすいのが特徴。

アメリカ製ならではの派手なパッケージをシンプルかつお洒落に隠せるケースです。
ケース単品、ケースとラップ2個のセット販売、別売りでラップの単品もご用意していますのでまだコストコのラップを使った事がない方にもおすすめです。

出しっぱなしでもサマになる

カラフルで目立ってしまうパッケージをシンプルにしてくれるラップケース。
キッチンのインテリアに馴染むステンレス×ウッドのスタイリッシュな佇まいが魅力です。

上質な素材感

ステンレス素材の本体はクリア塗装仕上げがされていて高級感があります。

蓋には天然木のブナ材が使用され、ウレタン樹脂塗装が施されています。

ラップを本体にセット

20cmほどラップを引き出し、くるくると丸めておきます。
丸めたラップを抑えながら本体に入れてください。

※ラップの先端がよれているとスムーズに入らないことがあります。

ラップに付属されているカッターパーツを本体上面の取り付け用の溝にはめてください。

マグネット付きの蓋

本体の両側にある木製の蓋には、小さなマグネットが3か所あります。
開閉は取り外すだけで簡単ですが、しっかりと固定されます。

使って納得の安定感

置いて使えるのが最大の魅力のフードラップ。
両手でラップを引き出して付属のカッターできれいにカット出来るのが特徴ですが、ラップを引き出す際に、本体が一緒に動いてしまうことも…。

しっかりと重さのあるステンレス製のケースに入れることでラップ自体が動かずより安定してお使いいただけるようになります。

圧迫感なく使えます

幅375×奥行き90×高さ85mmのケースは、キッチンの作業台に置いても邪魔に感じないサイズ感。

本来のパッケージとほとんど変わらないサイズなので置き場所に困ることなく、一般的なキッチンの作業台に置いてみたところ、狭く感じることもなくスッキリ。

また、紙製のパッケージは耐久性に欠けますが、ステンレスのケースは丈夫でお手入れも簡単です。

滑り止め付き

木製の蓋の底面には、シリコンの滑り止めが付いています。
ラップを引き出した時の安定感もあり、キッチンのカップボードや作業台を傷つけずに使用することが出来ます。

お手入れ方法

通常のお手入れは、柔らかい布でから拭きしてください。
本体の汚れが著しい場合は、柔らかい布をお湯で薄めた中性洗剤に浸し、固く絞って拭き取り、から拭きしてください。

※シンナーやベンジン、シールはがし、除光液等は使用しないでください。
また、タワシやメラミンスポンジ、磨き粉などで磨くと傷がつく恐れがありますので使用しないでください。

ケース本体とラップのセット

初めて使うお客様やプレゼントにお考えの方にオススメのフードラップ2本がセットになった「Wrap case 750f + フードラップ(2本入り)set」もご用意しました。

別売りのラップ2本セット

KIRKLAND カークランドシグネチャー
ストレッチタイト フードラップ750フィート(231m巻き)2本セットもご用意しています。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

コストコのフードラップを愛用している方も、まだ使った事がない方にもこの機会にぜひ使っていただきたい便利なケース。

実際にケースありとなしで使い比べてみたところ、ケースに入った状態の方が断然引き出しやすくてびっくり!
重量1.1kgあるステンレス製のケースで安定感は抜群なんです。

高級感のある素材感でキッチンがワンランクアップしますよ!
ケースとラップ2本のセットもご用意していますのでギフトにもおすすめです。

Log Out ログアウト