arrow2_down

優雅な時を刻む、3種類の磁器製「置き時計」。

“オブジェに時計の機能がある”そう思わせてくれるほどのデザイン、質感、存在意義に虜になる、レムノスの置き時計。磁器製の重厚な存在感と、空間に溶け込むホワイトカラーがあなたの部屋のセンスを刻々と上げてくれるようです。

スマートフォンが普及し置時計を見る機会が少なくなってきた現代、今や置時計は、部屋を表現するインテリアアイテムとしての立ち位置に。

今回ご紹介の置き時計も“テーブルの上からその周辺へ”と言う目線でデザインを行っている、塚本カナエさんによるデザイン。
文字盤の異なる3種類のデザインから選べる置時計は、針の音が気にならず寝室にもオススメです。

3種類の視覚的アートを堪能。

3種類のデザインからお選びいただけます。どれも2010年レッドドット・デザイン賞受賞(ドイツ) しており、ただ置くだけでセンスアップが叶う時計です。

■FIREWORKS(ファイヤーワークス)
立体のレースのような形を展開・発展させていくと最終的に時間も一目瞭然でわかるシンプルなところに帰結。
夜空に上がる花火のようなかたちをウィットとして矛盾のある立体に仕上げました。

■DROPS DRAW THE EXISTANCE(ドロップス ドロー ザ エグジスタンス)
雫が地面に落ちたときに作る穴のかたちをみていて、「これは重力のかたちなんだ」と気がつきこの穴のフォルムに。
重力は普段直接影響を受けて感じているのに、見えないし感じてないように感じる。それが他のもののかたちを借りてふと姿を現した時をキャッチアップしました。

■TENSION(テンション)
あるひとつの性格の要素の中に相反する要素を浮かび上がらせるとそこには緊張感が生まれる。そういったことをカタチで表現。

素材はマットでさらさらな質感の磁器製。
ツヤがないので、インテリアにも馴染みやすいのが特徴。
シルバー色で細くスッと伸びた秒針が、置いた空間をスタイリッシュにも飾ってくれます。

また、サイドから見ると四角形ではなく、山型のゆるやかなカーブが特徴。
真正面はもちろん、サイドから見ても美しいフォルムがGOOD。

磁器製の“冷静”さがインテリアに映える。

しっとり落ち着きのある置時計は、ディスプレイ棚にも。
文字盤に数字がないことで、生活感を消し無機質な印象に。

さらに磁器製の重い質感がそれに上品さをもプラスしてくれますね。
色や柄もないので、他のオブジェや植物とも相性ばっちりです。

秒針の音がしないから

リラックスタイムを邪魔しない静かなスイープムーブメントを使用しているから、寝室や書斎にも最適。
針の動きは音もなくなめらかなので、枕元に置いても気になりませんね。

別売りの単3乾電池1本をご用意ください。
お買い上げから1年間の保証付きで安心してご使用いただけます。

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回ご紹介の置き時計のデザインは、「テーブルの上からその周辺へ」という視点で食器、化粧品パッケージ、インテリアなどをデザインし、英国王立芸術振興協会(RSA)コンペ大賞、Gマーク賞、独・レッドドット賞などを受賞した塚本カナエさんによるもの。

ただの文字盤ではなく、3種類それぞれアート的な視点で意味のある様は、1個だけでなく3個並べ置きしたいくらいの磁器製置時計。
手に触れた時も土のぬくもりを静かに感じられるから、リビングや寝室だけでなく和室にも◎。

デスク周りや棚上に置けば静かに存在感を発揮するオブジェな時計、新築祝いなどのプレゼントにもおすすめですね。

Log Out ログアウト