arrow2_down

「炎のゆらぎ、オーク材の温もり」で私だけの特別なヒュッゲ。

デンマークの人々が大切にしているヒュッゲを、気軽に取り入れられる「キャンドルライト」が登場。オーク材のハンドルホルダーと本物のようなLEDライトの炎が静かに心をほぐします。

デンマークに欠かせない文化、ヒュッゲ(Hygge)とは家族や友人など大切な人と一緒に過ごす時間のこと。それには必ずといっていいほど側にあるのがロウソクや間接照明の灯り。

「【LE KLINT】キャンドルライト」は充電式バッテリーで屋内のどこにでも置け、持ち運びもスムーズなお洒落なハンドル付き。
オーク材の温もりと炎の揺らぎが、おうち時間に心地よいひとときを届けてくれます。

ヒュッゲの時間を作ってくれる、キャンドルライト。

家族や友達、ときには一人でまったりとくつろぐ時間、ちゃんと取っていますか?
テレビやスマートフォンから少し離れて相手や自分としっかりと向き合うこと、時には必要な時間ですよね。

そんな時間を自分で作らなければいけない現代人にぴったりなのがこの「【LE KLINT】キャンドルライト」。

優しい炎の灯り、木とガラスの柔らかいカーブフォルムで、固くなった心もじんわりとほぐされていくようです。

オーク材×ガラスの優しいフォルム

細かく美しい木目が特徴的なオーク材のハンドルとホルダー。
炎の灯りを幻想的に映し出すドーム型のガラス。

角のない柔らかなカーブのフォルムがくつろぐ時間を後押し。
どこか懐かしく、レトロ感を感じられるのも落ち着く理由かもしれませんね。

リアルに揺れ動く炎

キャンドルのロウ部分は本物のロウ。
その先には、LEDの炎がゆらゆらと揺らめくのが特徴。パーツが揺れ動くのではなく、オレンジ色の照明が不規則に揺れて見える仕組みになっているので、まるで本物のようです♪

お酒を堪能できる、「炎×ガラス」の魅力。

記念日やクリスマスなどのイベントでも、食卓にキャンドルの灯りがあるだけで特別な時間になりますよね。
ガラスがほのかに炎をぼかすので幻想的な空間になり、ワインなどのお酒もより味わいのあるものに。

またΦ12cm、高さ27cmの本体はテーブル上でも邪魔にならないのも◎。

オブジェとしても成り立つ、存在感

特別使わない時でも、インテリアとしても十分なルックス。
天然木の質感が上品に佇み、バランスのいいフォルムがオブジェのように棚上を飾ってくれます。

優しい光は、お部屋の間接照明としてもGOOD。
帰宅後、ポッと灯っているだけでなんだか癒されちゃいますね♪

安心安全のLEDライト

本物の炎ではないので、寝室にもOK。
もし消し忘れてしまったり、ペットや小さいお子さまがいるご家庭でも安心ですね。

おやすみ前の1分この炎を眺めているだけで、頭も心もホッと安らげる至福の時間になりそうです。

オーク材のハンドルは持ち運びにも便利。
リビングから寝室、玄関からダイニングと気軽に持ち運びができ、コードもないので持ち姿もなんだか素敵です。

使用方法

充電方法は、付属の充電ケーブルを差し込みパソコンなどのUSBポートに接続すれば完了。

そして充電ケーブル差込口の反対側にあるボタンで、ライトのON/OFFを操作できます。(ボタンは一番下の金属部分のみ)

ケーブル差し込み口もスイッチも一目見ただけでは気付かないので、生活感を消した抜け目のない仕上がりが◎!

※バッテリー連続使用時間:150時間 バッテリー充電時間:4時間

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回ご紹介の「キャンドルライト」は、デンマーク生まれの王室御用達、照明ブランド【LE KLINT(レ・クリント)】より。
デンマークでは季節や1日の時間帯を問わず、部屋のあちこちで火が灯され、ロウソクの消費量が最も多い国の一つになるほど暮らしの中にキャンドルが根付いているそう。

デザイナーのPhilip Bro Ludvigsen(フィリップ・ブロ・ルドヴィセン)は、デンマークデザイン学校を卒業後、ロイヤルコペンハーゲンやジョージジェンセンなどのデザインを手がけており、レ・クリントの伝統的なシェードを現代風にアレンジした照明も次々と大ヒットしています。

充電式コードレスなので、室内だけでなくベランダでのひと息にもオススメ。
また4時間の充電で150時間も使えるんだから、点灯時間を気にせずくつろげるのも嬉しいですね。

炎のゆらぎと天然木のぬくもり、デザイナーのセンス力がいつも忙しいあなたにそっと安らぎをプレゼントしてくれます。ぜひ自分だけのヒュッゲご堪能ください。

Log Out ログアウト