竹製ローテーブルで、くつろぎの床座生活

脚を畳めばコンパクトになり、上質な竹で作られたインテリア性の高い折り畳みテーブル「Vacances バンブーテーブル」。室内でくつろぐ時はもちろん、キャンプやピクニックにも使える丈夫で温もり感じるローテーブルです。

今密かにブームになっている床でくつろぐ暮らし方「ロースタイル」や「床座生活」。このスタイルがどこか落ち着くのは日本人ならではですよね。

折り畳んだ時の厚さはたったの4cmだから、収納場所にも困らないテーブルは、SとLサイズの2種類をご用意しました。
お1人でもご家族でも使えるから、届いたらすぐ毎日の定番品として「買ってよかった!」納得のアイテムになってくれます。

2サイズ

■Sサイズ(Lサイズの1/2)
天板:約 横50×縦30×高さ21cm
折り畳み時:約 幅50×奥行き30×高さ4cm
重さ:1.6kg

■Lサイズ(Sサイズの2倍)
天板:約 横60×縦50×高さ約21cm
折り畳み時:約 幅60×奥行き50×高さ4cm
重さ:3.3kg

どちらも高さは21cm、耐荷重は5kg、素材は竹 (ウレタン塗装)です。用途やお好みに合わせて、お選びくださいね。

上質なリラックス床座生活に

自然素材でインテリアに溶け込みやすい色合いなので、どんなテイストのお部屋でも馴染むシンプルさも魅力です。

サイドテーブルとしてコーヒーやお菓子を置くのにもちょうど良いサイズ感は、お部屋がテーブルに圧迫されることもなく気軽に使えるのも魅力。
足部のしっかり具合と上質な質感が、リビングに置いてもインテリアを崩さないのも素晴らしいです。

また、床座にするとソファなど場所を取る家具が少なく、お部屋全体に余白が多いため開放的になり、天井が高く感じられるのも◎

お子様の専用テーブルとして

お子様がおやつを食べたり、粘土やお絵描きをしたりするのに、キッズテーブルがあると便利ですよね。
お子様も自分のものとして与えられると特別感があり、そのテーブルで何かする時間が楽しくなるはず!角が丸いのも安心です。

Lサイズなら、お友達が来た時も向かい合って遊んだりお茶会をしたりと楽しそうです♪

また、勉強机を置くスペースがない時や、まだ机は早いかなと思っているご家庭でも、お家の人の側でのリビング学習にも最適です。

アウトドアでも活躍

ピクニックやキャンプ、BBQでのお食事用やドリンク置場としても使えます。
シート上でこぼれるのが心配なドリンク類を広げるときにも安定したテーブルがあると、安心して楽しめますね。
広く使いたい時はテーブルを2個並べれば、ゆったりと使えますよ。

また、いつもは室内用だけれど、今日はお天気もいいのでお庭やベランダでプチピクニック♪なんて時にも最適。
夜に虫の音を聞きながら晩酌、ちょっと一人になりたいんだ・・・テーブルを持ってスッと居なくなるのもいいかもしれませんね。

使わない時はコンパクトに折りたたんで

何かを回したりロックを外したりせずに、特別なコツ無しで簡単に折りたたみができるんです。
ロックは無くても天板と足をしっかりとネジで閉めてあるので、丈夫でしっかりとした造りになっています。

そして、畳んだときの厚みが約4cmなので、ちょっとした隙間に立て掛けて置けちゃいます。
足がピッタリと天板の裏側におさまるので、板が置いてあるかの様。わざわざ置き場所を作らなくてもフレキシブルに使えるのがいいですね。
また、屋外メインで使う場合は車の中にいつも置いておける薄さです。

竹独特の等間隔の節の跡とまっすぐな木目が、美しく落ち着いた印象と安定感を与えてくれます。ひんやりとする竹の素材が手で感じらるテーブルです。

表面には、ウレタン塗装がされているので、軽い汚れや飲みこぼし等は拭きとってください。
少し拭いても落ちない程度の汚れがついた場合は、中性洗剤を薄めたもので拭いてください。

※素材の特性上、色味などに個体差がございます。

造りがしっかりしているので決して軽くはないですが、女性一人で持ち運びできる重さです。

掃除の際や今は使わないな、となった場合は折り畳んで端に寄せたりと自由に使うことができ部屋を広く使えるので◎。

最後までご覧いただきありがとうございます。

ローテーブルはお家に1個あるだけで、様々な用途が見付かりますね。PC作業やちょっとした書き物、ネイル、具合が悪い時のベッド上でご飯を食べる等・・・必要に応じて出したりしまったりできるので使い勝手抜群です!

大きすぎず小さすぎず重すぎず軽すぎず、色も濃すぎず薄すぎない絶妙なバランス感がどこの部屋にも、そしてアウトドアでも使えるポイントなんです。

私としては、竹の木目が温かく上品さを感じるので、落ち着いた和室に置きたくなりました。また、ピクニックにアルミやプラスチック製のテーブルではなく、竹の木目のテーブルでまんべんなく自然を感じるのも素敵ですね。

Log Out ログアウト